【システミックコンステレーションってどんなワーク?】

人は、この世に単体で存在しているのではなく、家族、家系、地域、国、等その人が所属している集団の中の存在です。
集団には、必然的にシステムが存在し、関係性の力動が起こります。
例えば、宇宙においては天体のシステムとか、
地球においては国同士のシステムとか、
身体においては臓器・組織・細胞レベルでのシステム、
その他、分子や電子のレベルでもシステムがあり、
バランスや調和を図るための力動が起こります。
化学変化や物理的法則もその力動のひとつといえるでしょう。

家系のシステムにおける力動は、そこに存在した全ての人が承認され尊重されるよう働きます。
その中で、無意識に時間をさかのぼって過去の親戚の想いに同調していく人がいます。それが幼い子供です。
つまり私たちの殆どが、言葉を話す以前の幼い頃に、家系システムの調和を図るため、過去の親戚の想いに同調し、そのままその人に成り代わったかのように現在までを生きているわけです。

このワークでは、バランスと調和を大切にしながら、ご本人が未来の方を向いて幸せな選択をしていけるように助けます。
「どのように感じるか」「どのように動いたら楽になるか」という体の感覚を大事にしながらワークを進めます。

<システミックコンステレーションワークで得られるもの>

・自分が無意識にやっている行動を客観的に見ることができます。
・自分を苦しめている原因や理由を知ることができ、それを手放せるようになれます。
・そして自分の望む方向に舵をきれるようになれます。

※システミックコンステレーションを、欧米の価値観ではなく、私たち日本人の価値観で理解できるよう分かりやすく書かれた良書が発売されました。

これまでのバート・へリンガーの訳本が読みづらいと感じていた方にも読みやすいように書かれています。